カテゴリー: つくったもの (Page 1 of 27)

夏の夜のブックカバー

ティーコーゼの「ブルースカイ」と同じ組み合わせのパッチワークを濃紺の和布に合わせて、ブックカバーに仕立てました。
深い色合いの濃紺の和布に、ケイフファセットの落ち着いたブルー系の布たちが、夏の青く澄んだ星空のようです。昼の暑さを忘れさせる夜の涼風が感じられて、とても相性が良いように思います。落ち着いたブックカバーに仕上がりました。
ブックカバー ~ブルースカイ~
ブックカバーのサイズは 2種類
「ブルースカイ」 四六判とA5判:昼間の暑さもひと息ついた午前0時、星空を見上げて大きく深呼吸する。眠りにつくまでのひと時を、好きな作家の作品でゆったりと過ごす。爽やかな朝を迎えるために。

りんごのコースター ~ブルースカイ~
リンゴのコースターも、6枚ほど作り足しました。夏の飲物に、コースターは欠かせませんね。夜長の良いお供になると思います。

遠出はできないので、材料の買い出しが滞っています。ブルースカイのシリーズもこれで材料が終わりました。ちょっとさみしいな。

by ちこばあ

※ 8/12 追記:
ティーコージーとおそろいの夏の夜のブックカバーは Creema と iichi で販売中です。
https://www.creema.jp/item/10106120/detail
https://www.iichi.com/listing/item/1902696

野菜模様のエプロンと今年の梅仕事

布地の片付けで見付けた南瓜とコーン模様の布で、エプロンと、夏の買い物用に内側に保冷シートを張ったトートバッグを作りました。口元は前に使っていたバッグのファスナーを再利用です。底マチは中くらいの大きさの魚パックが入るくらいの大きさが取れました。材料が手元にあってよかった。早速使えます。でもひとつ失敗をしました。保冷剤を入れるポケットを付け忘れました。ちょっぴり残念。
エプロン
保冷バッグ

今年も梅雨入り前に南高梅を買いました。少し追熟をして梅干しの仕込みに取り掛かりです。
梅の実のアク抜き
朝、梅を水に浸けてあく抜きをしておきました。午後、ヘタを取って水気を拭き取り、傷の有る実を除いて粗塩を絡めて
梅の実にホワイトリカーのシャワーを
雑菌除けに焼酎(果実酒用)を廻しかけ、重しを乗せて準備完了です。時々揺すりながら梅酢が上がるのを待ちます。4,5日掛かるでしょうか。あとは地元の農家の赤紫蘇が出回るのを待ちましょう。其処の赤紫蘇はとても良い色が出るのです。
今年も塩を10%にしました。上手くいきますように。

よけた梅は、別のものを作ります。

by ちこばあ

赤いティーコーゼとお揃いのそらまめの鍋つかみ

マスクを作ろうと手持ちの布を引っ張り出したついでに、在庫チェックをしちゃいました。
前に気に入って買っておいた赤い布で、ティーコーゼ(マダム・ソヴァージュは人見知り)を作りました。華やかな赤にベージュ系の小花模様が可愛い感じに仕上がったのを思い出し、お揃いの鍋つかみがあったらいいなあと思い、早速作ってみました。
そらまめの鍋つかみ(マダム・ソヴァージュは人見知り)

お揃いで使うのも素敵です。
ティーコージーと鍋つかみ
作品の写真は自然光で撮影しているので、このところのお天気の悪さに四苦八苦。

パッチワーク部分に使った布の一部がこれで最後なので、この組み合わせもこれで終わりです。辛うじて2組作れました。
終わってしまった布の模様を頭の隅に入れておいて、今の状況が落ち着いたら探しに行こうかしら。

ここ数日寒さが戻ってしまって、折角綺麗に干して片付けた布団を引っ張り出してしまいました。ちょっぴり悔しい思いです。それでも風邪をひくよりは気が楽ですね。今日はまた気温が上がってちょっとホッとしています。出した布団を引っ込めておきましょう。

庭の花たちは少し涼しくて嬉しいのか、元気に咲いてくれてます。
一斉に花開いた黄色のセダム
ユキノシタ
箱庭のような我が家の庭、小さい頃に遊んだ野原のような雰囲気で、いろんな色の小さな花が咲くといいななんて、こぼれ種が広がるのを待っています。草取りをサボるわけじゃあないけれど、手入れも程々にしています。そういえば先月の暑かった日に、庭の砂利の上で日向ぼっこをしているカナチョロを見かけました。ああ今年も無事大きくなったんだな~なんて安心しました。

by ちこばあ

※ 6/20 追記:
ティーコージーとおそろいの赤い鍋つかみは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1868848
https://www.creema.jp/item/9750674/detail

花園のような葉っぱのコースターと、作り足した布マスク

新緑の季節に誘われて、遊歩道の藤棚の蕾が膨らみ始めました。家の庭先にいろんな花が咲いて、カラフルで綺麗です。透き通るような緑の葉の生き生きとした感じと色彩豊かな花たちに力を貰って、丸くなった背中がしゃんとします。元気が出るこの季節が一番好きです。
この季節を切り取って、はっぱのコースターにしました。
花園のような葉っぱのコースター
以前作った花びらのコースターのバリエーションと、お揃いです。

布マスクの洗い替えを作り足しました。
布マスク達

ゴムの在庫も少ないので、使い回せるようにひと工夫。使い捨てマスクのゴムの先を四角く切り取って、手元にあった紐を使ってループを作り片一方を縫い留め、もう一方を引っ掛けて、マスクの中に入れました。ループの寸法はゴム通し部分の半分もあれば丁度良い具合でした。着けてみてゴロゴロするかと思ったけれど、気にならなかったので良いかと思いました。
市販のマスクのゴムを利用して - 接続前これを…
市販のマスクのゴムを利用して - 接続こうじゃ。

家人は黄色のマスクが気に入ったそうで、早速付けて散歩に出掛けました。使ってみての手直しもありです(多少の我慢もありです)。家族それぞれの顔の大きさに合わせて特注です。手作りならではのささやかな贅沢ですね。

作ってみて思うことは、市販の使い捨てマスクは本当に良くできている。暑い季節になる前にお店にまで出回ることを切に願っています。

by ちこばあ

※ 5/2 追記:
花園のようなコースターは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1829081
https://www.creema.jp/item/9300927/detail

ティーコーゼとお揃いのコースターと、布マスク

18:00 追記:記事の最後に、布マスク作りの参考になるサイトのリストを追記しました

ティーコーゼ(水鏡)とお揃いの柄で、葉っぱのコースターを作りました。中に薄綿を入れて仕上げました。ほんの少しクッション材が入ると、上に乗せた器がしっかり座ります。
若葉の季節に、水面に浮かんだ花びらや葉がそよ風に誘われて揺れています。まるでゆりかごに揺られているように。そんな景色を思い描いてみました。
葉っぱのコースター 水鏡

2,3日前に咲き始めた枝咲きチューリップの下の方の花が折れていたので、切って水に挿して置いたら、可愛らしく開いてくれました。ミニチュアみたいなサイズの黄色いチューリップ、開いた姿を見られて良かった。
ミニチュアみたいなチューリップ

ミニチュアみたいなチューリップとさっき仕上ったばかりのくまさんのマスク
手持ちの数が少なくなってきたマスク、私も作ってみました。パッチワーク用の布で縫い、内側にフィルターを入れられるように晒を付けました。晒は肌触りが柔らかく、付け心地がいいです。
くまさんのマスク 外側

上の部分にノーズワイヤーを入れ、洗濯の時取り外せるようにポケットを作りました。マスク用のノーズワイヤーは手持ちがないので、ちょっと柔らかいけど包装用のワイヤータイを利用します。ゴムは子供の帽子用の平ゴムがあったので使いました。
くまさんのマスク 内側

家族全員と洗い替えの分で、結構な数が必要なので、暫くは使い捨てマスクの部品を再利用しながら、マスク作りを頑張ります。

Stay Home 中の今日、近所のスーパーに食材の買い出しに行きました。何だか何時もより賑やかな気がしました。パスタが欲しかったんだけど棚が空っぽでした。一日三食しっかり作るとなると、材料の棚も空っぽになりますよね。マスクも相変わらず入荷なしだし、少し不便だけど、ま、やりくりして凌ぎましょう。

そんな中でも、農家の露地野菜の販売所は、変わらず採れたての野菜を出していてくれるので助かります。今日は春蕪とほうれん草を買ってきました。嬉しいですね。

by ちこばあ

※ 4/22 追記(スタッフ M による補足):
布マスクの作り方や型紙は先人の知恵をお借りしつつ、細部は自分で工夫しています(現在進行形)。参考になるサイトは他にも沢山あると思いますが、ざっと調べて見つかったところを下にリストアップしました。(順不同)
手芸材料屋さんは流石にバリエーションが豊富です。特に新宿オカダヤさんは素材の扱い方や縫う時の細かいコツまで丁寧に解説されているので、これから自分で作ろうという方は一見の価値あり。動画の方が見やすい方はユザワヤさんがおすすめ。

※ 5/2 追記:
ティーコージーとおそろいのグリーンのコースターは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1829080
https://www.creema.jp/item/9300926/detail

« Older posts

© 2020 工房ちこばあ

Theme by Anders NorenUp ↑