夏養生の方法は?

足掛け築20年の我が家、ここ数年、エアコンや給湯器など少しずつ不具合が目立つようになりました。今年は居間のエアコンと冷蔵庫の製氷機が故障しました。この暑い中、お盆休みの真っ只中、あ~あです。エアコンは幸い隣の台所のエアコンが動くので、扇風機で風を送って暑さを凌いでいます。氷は冷凍庫でひたすらちまちまと凍らせて、間に合わせ。気持ちが夏バテです。

甘酒を温めました。冬の飲物かと思いきや夏バテ防止の飲物だそうです。今日はすり生姜を添えて戴きましょう。
箸休めに胡瓜と茄子の糠漬けを添えて。
甘酒と糠漬け

夕飯はローストビーフに梅ニンニクダレをのせて、スタミナ回復です。ちょっとニンニク臭いけど、消化は良いのです。
ローストビーフ

by ちこばあ

土用 梅干し完成

この暑さの中、今年の梅を干し上げました。紫蘇の赤い色がしっかり染まって、今年は一層美味しそうに仕上りました。
 今年の梅干し

実は、漬け込むとき塩の量を10%より若干控えめにしたら、2週間過ぎた頃、発酵し始めた様子がみえました。慌てて梅酢を火にかけ一度沸騰させ、梅は天日干しをして、塩を少し足してもう一度漬け直しました。直ぐ赤紫蘇が出回ってきたので、葉のアク抜きに塩をしっかり使って漬け込み、やっと何とかまあまあの出来上がり。やれやれです。

でも、梅の香りが若干弱いような気がします。これは漬け込み途中のアクシデントが影響しているのかも。10%を割る塩加減では上手くできないのかもしれません。来年は失敗しないように気を付けなくちゃね。塩加減は大事です。

金柑の花が満開です。半年後の収穫が楽しみです。
金柑の花が真っ盛り

by ちこばあ

赤とオレンジの三角ティーコーゼ

先日、日暮里で買ってきた赤色とオレンジ色の布で、三角ティーコーゼを作りました。使いやすくて可愛らしいこの形が気に入っています。

キラキラと元気なオレンジ色のティーコーゼ
オレンジ色のティーコージー
ごきげんよう、マリーおばさま:楽しいお話が弾みそう。

ちょっと甘めなピンクがかった赤色のティーコーゼ
紅色のポットカバー
マダム・ソヴァージュは人見知り:ちょっとシャイなはにかみ屋さん。お揃いのブックカバーがあります。

港の潮風を感じるようなブルーのブックカバー 文庫判
青色のブックカバー
陽気なカモメ、風に乗る:潮風に乗って軽やかに羽ばたいています。新書判とお揃いです。

今年の梅雨はあっけなく過ぎました。あっという間に夜もクーラーをつけっぱなし。この暑さ、どうやって乗り切ろう。取り敢えず、先ずはクーラーの効いた部屋で、熱い紅茶で一服しましょうか。

by ちこばあ

※ 7/16 追記:
赤とオレンジの三角ティーコーゼは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1441071
https://www.creema.jp/item/5910385/detail

※ 7/21 追記:
カモメのブックカバーは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1444305
https://www.creema.jp/item/5933254/detail

青と赤のブックカバー 新書判とA5判

先日、日暮里でちょっと濃いめの青と赤とオレンジの布が目に留まり、3色とも買ってきました。早速、神保町いちのいち神保町店 読書グッズフェア「本を装う」に向けて、青と赤の2色でブックカバーを作りました。

青は地中海の明るく爽やかな港町の風景を、赤は落ち着いた雰囲気の小花模様を合わせて、ちょっぴりシャイな女性をイメージしました。
青と赤のブックカバー
新書判「陽気なカモメ、風に乗る」
A5判「マダム・ソヴァージュは人見知り」

梅雨の季節のジメジメ感を吹き飛ばして、気分爽快な青と赤のブックカバーです。

遊歩道のナツツバキ
近くの遊歩道に夏椿の花が咲き始めました。私の今年の梅仕事も一段落、今年の夏はどんな夏になるかしら。

by ちこばあ

※ 7/21 追記:
赤と青のブックカバーは現在 iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1444309
https://www.creema.jp/item/5933255/detail

少し早めの父の日プレゼント

日頃何かと不便を掛けているのに嫌な顔もせず美味しいお茶を淹れてくれる夫に、今年も感謝の気持ちを込めてアロハシャツを縫いました。午前中にボタン付けをして記念の写真を撮った後、早速袖を通して散歩に出掛けていきました。帰ってきたら汗でドロドロ、でも、気に入ってもらえて良かった!!
アロハシャツ

もう30年も共に生きている我が家の同居人(?)の亀、最近動きが緩慢になったような気がします。目が合うと相変わらずキョトンとした目で見つめてくれます。
亀と目が合う

by ちこばあ

« Older posts

© 2018 工房ちこばあ

Theme by Anders NorenUp ↑