扇子入れとお揃いのブックカバー

ブックカバー2サイズ ~カタカタコットン水車が回る~
濃紺の扇子入れとお揃いのブックカバー、四六判とA5判です。

ブックカバーを作るとき、いつも一遍の物語を見るような感覚を持って作っています。今回もせせらぎの水音に耳を澄ませながら散策する風景を思い浮かべて作りました。

パッチワーク部分に使ったケイフファセットの布の一部は手元にあるのをこれで使い切ったので、2サイズ1枚ずつのみの作品です。大好きな布、心置きなくしっかりとブックカバーに仕立てました。

by ちこばあ

※ 7/18 追記:
四六判とA5判のブックカバーは iichi で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/2274202
https://www.iichi.com/listing/item/2274201

4月末に起きた出来事

今年の4月20日の未明、まだ冬眠から醒めきらない我が家の亀たちが、アライグマに襲われて大怪我を負いました。特に小さい方の亀は、前足と後ろ足其々片方ずつ食いちぎられる程の大怪我で、動物病院で手術をしてもらい、一命をとりとめました。1カ月半経った今、2匹とも水槽ごと家の中で暮らしています。外遊びはできないけれど一日一回の日向ぼっこをし、餌もしっかり食べてくれて、傷口も少しずつ回復してきています。

亀たちを襲ったアライグマは、我が家だけではなくご近所でもいろいろ悪さをしていたようです。自治体に一報したところ、先月末に罠を仕掛けてくれました。すぐに1頭だけ捕獲されましたが、まだ数頭いるそうなので全部捕獲されるといいなと思っています。
アライグマも最初は誰かに飼われていたんだろうに、野生化してしまったために迷惑者になってしまって、気の毒なものです。
(スタッフ M 注 : 襲われた亀たちもミシシッピアカミミガメなので、野良カメにしてしまったら嫌われ者になってしまう立場はアライグマと同じです。完全に人間の都合で命を弄ぶような身勝手に、やるせない気持ちになります。が、とりあえずここは家族である亀の肩を持つのが人間です……。)

カメ チビカメ デカ
我が家の亀たちは無くなった足は戻らないけど、今は傷を治すことに専念して今年一年無事に年越しできれば、きっとまた外を散歩できる日が来るかと思います。

by ちこばあ

今週買って来た布たち

日暮里の繊維屋街がセールだったので、半年振りに日暮里界隈に布地を見に行きました。やはりネットで見るより直接手に取ってみるのは楽しいものです。幾つかの店を行ったり来たりして、気になった布地を数点買いました。浅草橋にも寄って布地と糸を買い足して、いつもの通り電車の混まないうちにささっと帰ってきました。これで暫く布を眺めつつ作りたいものを探りましょう。
買ってきた布たち

バティック
家人のシャツ用にちょっぴり派手目のバティックも。今年も父の日には間に合わないと思うけど。

新しい材料を手にしてスッキリ前向きの一日でした。

by ちこばあ

今年初めての出会い

今年、初めてイタヤカエデの葉が3枚も出てきました。昨年一枚も出なかったので、枯れたのかな、なんて凄く心配でした。柔らかなカエルの手のような葉を見てほっこりしています。
イタヤカエデの小さな手

エビネランの群生が咲き誇っています。
エビネの小さな群生

近くでミヤコワスレも咲いています。この時期は紫色の花があちこちに咲いています。
ミヤコワスレ

つい2~3日前、葉の陰でカナチョロ(私はいつもこう呼んでる)に出会いました。今年初めてです。確か寿命は2年前後だったような。元気でいてくれて何よりです。
カナチョロお出まし
※クリックで大きい画像を表示します

by ちこばあ

やみつきになるまーるいコースター

いつもの癖で、気に入った布の組み合わせが出来ると、ついつい丸いコースターも作ってみたくなります。
そんなわけで、丸いコースターの誕生です。
まぁるいコースター 青系
まぁるいコースター 茶系

コースターとおそろいのポットマットたち
お揃いでポットマットも作りました。使うシーンを考えるとワクワクして楽しくなります。

by ちこばあ

※スタッフ M 注 : 前回記事の扇子入れともお揃いです。

※ 4/30 追記:
まあるいコースターとポットマットは Creema と iichi で販売中です。

« Older posts