オレンジ色の鍋つかみ

今年の初針仕事は、明るく元気なオレンジ色の鍋つかみ。ティーコーゼとお揃いです。ちょっぴり飽きた台所仕事に活を入れて、寒さを乗り切りましょう。
鍋つかみ ~ごきげんよう、マリーおばさま~

16日に、娘の趣味の道具探しに付き合って地下鉄で神田末広町に行きました。神田明神の近くまで行ったので、良い機会と思い立ちお詣りをしてきました。神社の周りが綺麗に整備され、御社殿の隣に神田明神文化交流館「EDOCCO」という建物が建ち、以前の鄙びた下町の神社と雰囲気がまるで違っていて驚きました。神田明神の御祭神の将門様はゆかりの地が多摩エリアとのいわれがあるそうで、文化交流館は多摩産の木材を沢山使っているそうです。

この日は 初神楽舞の日だったそうで、御社殿の中や境内は沢山の人で賑わっていました。江戸総鎮守として江戸開府とともに建立された総氏神様らしく、企業の経営者の参拝が多いそうで、この日も会社関係の人で大賑わいでした。
神田明神

いいもの見つけた
帰りは御茶ノ水の画材屋さんに寄って帰路に着きました。この界隈は何時も人の往来が多く活気があっていいですね。いつか時間のある時にお茶を飲みながらゆっくりと往来を眺めてみたい。きっと色々面白い発見が有りそうな気がします。この日歩いた歩数は、13000歩超えでした。

by ちこばあ

2019年亥年に思うこと

迎春2019
明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。
新年のカウントダウンは、近くの神社の参拝の列の中で、綺麗な夜空を見上げながら迎えました。家族揃って新しい年を迎えられた事を感謝しつつ、今年もスタートです。

昨年、所々見逃したアンナチュラル(ドラマ)が年末から2日にかけて放送されたので、テレビを一人で独占して見ました。気分がすっきりです。こんな小さなことでも幸せと思えます。
2019年も小さな幸せを積み重ねていけたら、きっと嬉しい一年になりますね。

by ちこばあ

もうすぐお正月 一年を振り返って

2018年も残すところあと1日です。東京はこのところピカピカの晴天に恵まれて、穏やかな年越しを迎えられそうです。

ちこばあは、相変わらずスローペースで始まり、5~6月は三省堂書店のイベントに声掛けを戴き、ブックカバーで参加しました。また、大好きなティーコーゼや鍋つかみも好評でした。今年は手づくり市への出展をお休みしていたので、見てくださる方と直接お話はできませんでしたが、多方面から作って欲しいとの声掛けをいただき、楽しんで作ることが出来ました。おかげで、とても充実した1年になりました。有難うございました。

こんなスローなちこばあは、見る人使う人がいつもほっこり温かい気持ちになれるような作品を作りたいと思っています。また来年もお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。良い年を迎えられますように。

松飾り
お正月の玄関飾りを作りました。松に稲穂、南天をあしらい、シンプルに仕上げました。

春を待つバラのつぼみ(ジンジャーシラバブ)開くとほのかな甘い香りがします。
薔薇の蕾

by ちこばあ

気が付いたら師走

国分寺に住んで20年経ちます。20年も経つと生活導線も変わり、何かと不都合が出てくるものです。秋口から家の中の断捨離めいたことを始め、家具の配置換えに手を付けて、ここのところやっと納まり良く納得できる状態になりました。足元が少しだけ広くなったでしょうか。

先週、スーパーの野菜コーナーに庄内の干し大根を見かけました。毎年生糠探しに苦労することも忘れ、思わず買ってしまいました。幸い今年は生糠がすぐ手に入り、漬け込むことが出来ました。年明けが楽しみです。
たくあんの仕込み

庭の金柑もあかるんでいます。
鈴生り金柑

寒い日の夕飯は芋煮汁で温かく!
芋煮は牛肉と醤油派

針仕事もボチボチ再開です。

by ちこばあ

ブルーのポーチ 2種

気に入って買ったブルーの布で、横長と四角いポーチを作りました。優しい雰囲気に仕上りました。
ブルーポーチ ~陽気なカモメ、風に乗る~
ブルーポーチ ~屋根の上のお花畑~
布を買う時に色々な布が沢山欲しいので一枚の量をついつい搾ってしまい、後でもっと買っておけば良かったなんて思いを繰り返しています。今回も!

夏バテをやり過ごす気でのんびりしていたら、気が付くともう冬がすぐそこ、秋のうちにやり残したことが沢山あるようでちょっぴり焦りを感じています。

by ちこばあ

※ 12/29 追記:
青いポーチは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1546364
https://www.creema.jp/item/6665155/detail

« Older posts

© 2019 工房ちこばあ

Theme by Anders NorenUp ↑