今年の梅干し作り

追熟中の梅たち
今年も梅仕事の季節です。今年は和歌山の南高梅の大きめの実を買いました。3Lですって。若干青い実が有ったので箱を開けてザルに実を広げて追熟します。家中梅の甘い香りがいっぱい、美味しそう、つい手を出したくなるけど、残念!香りと味はこの時点では別物です。
強い芳香を放つ梅たち

今年も塩分10%で仕込む予定です。出来上がりまで約2か月、カビさせないように気を付けなくちゃね。美味しくなりますように。

by ちこばあ

葉っぱのコースター完成です

仕上げの縁布は、白の小花模様とブルーのドット模様の2種を使って、スッキリとしたコースターに仕上がりました。
フチは2色

初々しい若葉の色が少しずつ青みがかった緑色に変わり、木々の葉一つひとつが自分の色を持っているように見えます。見上げた空の色も葉を揺らす風も生き生きとして元気をくれます。一枚頂いてコースターに、なんてちょっと素敵です。

蒸し蒸しするこの季節に、器の足元が目にも優しく涼し気で、ほっと一息落ち着きます。
はっぱのコースター ~蒼い風に揺れて~
蒼の季節の葉っぱのコースター:蒼い風に揺れて

今年デビューの盆栽?たちです。
新入りたち(左がナンテン、右がサンショウ)
春に、庭の砂利に芽を出していた南天と山椒の若木を盆栽鉢に植え付け、苔ものせて盆栽風に仕立ててみました。
大きく育った屋久島萩の横で、先輩たちに交じって生き生きと成長しています。若いものは頼もしい。
ミニ盆栽の皆さん
(スタッフ M 注 : ヤクシマハギ、自由すぎませんかね……)

by ちこばあ

葉っぱのコースター、パッチワーク部分仕上がりました

ちくちく縫い進め、パッチワーク部分が終わりました。アイロンで形を整えて、余分な縫い代をカットし、綺麗に形を整えました。この段階だとまだ何となく落ち着きませんね。
コースター成長途中
後は、縁布のバイヤステープを付けて出来上がりです。

収穫した山椒の葉を軽く下茹でして、小分けにして冷凍しておきました。少し葉をすりつぶして白味噌とみりんとお砂糖で和え、山椒味噌を作りました。今夜はコンニャクに付けて食べました。山椒の香りが爽やかです。これは焼いた川魚にも合うと思います。川魚が出回ってきたら焼き魚に乗せて軽く焼いて味噌田楽ですね。楽しみです。
山椒味噌

by ちこばあ

蒼の季節の葉っぱのコースター 縫い始め

蒼みどりが目に優しい季節に似合いそうな葉っぱのコースターを作りたくなりました。
この布地たちで
あおみどりの布地たち
合わせてみるとこんな感じ
コースターの赤ちゃん
早速縫い始めます。

毎日ジメジメ、もう梅雨入りなのかな、爽やかな皐月は終わっちゃったのかしら。でも街の木々も我が家の庭も元気いっぱいで、先日、枝を整理したばかりなのにまた新芽が出ています。そう云えばもう新茶の季節ですね。今年のお茶の出来はどうかしら。もうすぐ父の日だし、美味しい和菓子でも用意して楽しみたいですね。
山椒の若葉
摘み採った山椒の若葉、やがて味噌になり佃煮になり、私の口へ……

by ちこばあ

スマホポーチ、出来ました

青い縞のスマホポーチ
ポシェットとお揃いのスマホポーチが出来上がりです。
口元は金物を使わず、丸コードを飾りボタンに掛けるだけのシンプルな形にしました。
カーキ色のスマホポーチ
(スタッフ M 注 : A5 ノートより少し小さいくらいのサイズ感です)
味わい深い骨ボタン
ボタンは天然の動物の骨を使ったもので、一つひとつ形が異なります。このボタンは以前(今はもうないのだけれど)国立にあったショップで見付けて、買ったものです。あんこ玉を輪切りにしたような形が可愛らしく、いつか使いたいと温めていました。
緑のコードとボタンの生成りの色が、個性的な和風の縞模様とケイフファセットの華やかな色合いを引き立てています。
ストラップは斜め掛け出来るように長めにし、長さも調節できます。

気兼ね無くお出掛けできる日が早く来ますように。

by ちこばあ

※ 5/15 追記:
しましまのスマホポーチは Creema と iichi で販売中です。
https://www.creema.jp/item/11810647/detail
https://www.iichi.com/listing/item/2061309

※ 5/5 追記:
先日のポシェットとお揃いです。

« Older posts