八王子アートムーチョ暑い一日でした

5月とも思えないほど暑い一日になりました。暑い中、足を止め、選んでくださって、本当に有難うございました。強い日差しで肌がヒリヒリします。それでも時折吹く風は涼しくて、ホッとしました。日差しがビルに遮られる頃、やっと涼しくなり、人の出も増えて、足を止めてくださった方と話も出来ました。決して多くない八王子での出展で、再度買ってくださった方に出会えたりで、暑さに負けないくらい嬉しい一日でした。出展の様子

by ちこばあ

旬の御馳走 山形産の姫竹の筍御飯を作りました

山形産の姫竹
山の雪解けの頃しか採れない竹の子が手に入ったので、筍御飯を作りました。薄く斜め切りにした竹の子を軽く油で炒め、椎茸、油揚げ、コンニャクの細切りを加えてお酒と醤油で煮しめたものを、炊き立ての白飯に混ぜ込むだけの、極々シンプルな御飯です。コツはちょっと濃いめの味付けです。孟宗竹の炊き込みご飯とはひと味違う竹の子の甘みと脂っこさが大好きで、毎年この時季を楽しみにしています。雪解けの頃の山の食べ物はあっという間に大きくなってしまうので、楽しめるのもほんの一時です。今回は、竹の子がちょっと薹が立っていたけれど、十分十分。
たけのこ御飯

春の山に元気をもらって、来週 20日(土)の八王子アートムーチョ出展に向けて、準備を始めましょう。

by ちこばあ

ひたすら土いじりです

ゴールデンウィークも半ば、出不精の私は相変わらず家の周りで過ごしています。農協で唐辛子とオクラと枝豆の苗を買ってきたので早速植え付けました。唐辛子は漬物とパスタに欠かせないし、オクラは花が綺麗、枝豆は美味しいビールを飲みたいと、収穫の時を今から期待しています。ついでに、庭の植木鉢の整理を始め、只ひたすら土いじり、花の苗の植え替え作業に熱中。お天気の良いのをいいことに、溜まっていた庭仕事で日頃のストレス解消です。
エビネラン

そして、仕上げは花より団子。柏餅で美味しいお茶をいただいて、今年のゴールデンウィークも過ぎてゆくのです。ちょっぴり腰の痛さに年を感じながら……
柏餅

by ちこばあ

珈琲の香りのポットカバーとブラックウォッチのティーコーゼ

ちょっと可愛らしい羊さんの模様の布地を買いました。サンドベージュに南天の実のような模様と、朱赤にベージュの花模様、生成りにベージュの花模様の布を合わせて、珈琲色の水玉模様で三角ポットカバーを作りました。どこか懐かしいようなちょっぴり不思議な夢を見たような雰囲気です。
ヒツジとコーヒーの三角ティーコージー

こちらは生成り、グレー、ベージュ、コーラルピンクにそれぞれ小花模様を描いた布をブラックウォッチに合わせてみました。野の草の香がほんのりしてくるようなしっとりと落ち着いた雰囲気に仕上がりました。
野の花とブラックウォッチチェックの三角ティーコージー

至福の時、ゆっくりティータイムを楽しみましょう。

朝、買い物に出掛けようと玄関を出た時、玄関先のたたきでカナチョロに出会いました。今年初めてのご対面です。おちびちゃんを連れていました。写真を撮ろうと思い、カメラを取りに戻っている間におちびちゃんはどこかへ行ってしまい、かろうじて一匹だけカメラに納めることが出来ました。昨年より益々逞しくなっているようで、何だか嬉しくなっちゃいました。ちょっと孫の顔を見るような贔屓目な気分でしょうか。爬虫類は得意なほうではないのに、何故かこの子だけは可愛く思えます。不思議!
かなちょろと目が合う

by ちこばあ

※ 5/24 追記:
コーヒー色のポットカバーと野の花のティーコージーは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1163518
https://www.creema.jp/item/4037871/detail

アロハシャツを作りました

2日続きの雨模様、寒の戻りでしょうか、厚いセーターが手離せません。でも我が家の小さな庭は、アケビの新芽やバラの新芽が少しずつ大きくなり、赤花ゆきやなぎが可愛らしいピンクの花を咲かせています。寒いけどこのお湿りも新芽には必要なものなのでしょう。ふと気が付くと、私も目の痒みやグズグズ鼻が軽くなってきたようです。元気が出てきます。
アケビの新芽
ピンクユキヤナギ

久し振りに、家人のアロハシャツを縫いました。昨年夏に作ろうと思って布地を買ってそのままになっていたのを思い出し、意を決して仕上げました。今夏は着てもらえそう。
ピンクベージュのアロハシャツ

というわけで、暫く納まっていた部屋の中の綿埃もまた再開です。ついでに引っ張り出しておいた麻混の夏糸でサマーセーターでも編み始めようかしら。今年こそ着られるように形にしなくては……なんてね。

by ちこばあ

« Older posts

© 2017 工房ちこばあ

Theme by Anders NorenUp ↑