やっと梅雨明け、梅干せた

2020年の梅の土用干し
やっと待ちに待った梅雨明けで、今週早速、梅の土用干しをしました。ベランダで梅の美味しそうないい匂いがしています。匂いにつられて、今年もつまみ食いの手が伸びました。ニヤニヤして「上出来だ!」の声、それって”つまみ食いは格別美味しい”ということかしら??
2020年の梅干し
でも大丈夫、今年は自信あるから。勿論、上出来です。
自粛中の嬉しい成果です。明日の朝ごはんは、梅がゆかな。

by ちこばあ

夏の夜のブックカバー

ティーコーゼの「ブルースカイ」と同じ組み合わせのパッチワークを濃紺の和布に合わせて、ブックカバーに仕立てました。
深い色合いの濃紺の和布に、ケイフファセットの落ち着いたブルー系の布たちが、夏の青く澄んだ星空のようです。昼の暑さを忘れさせる夜の涼風が感じられて、とても相性が良いように思います。落ち着いたブックカバーに仕上がりました。
ブックカバー ~ブルースカイ~
ブックカバーのサイズは 2種類
「ブルースカイ」 四六判とA5判:昼間の暑さもひと息ついた午前0時、星空を見上げて大きく深呼吸する。眠りにつくまでのひと時を、好きな作家の作品でゆったりと過ごす。爽やかな朝を迎えるために。

りんごのコースター ~ブルースカイ~
リンゴのコースターも、6枚ほど作り足しました。夏の飲物に、コースターは欠かせませんね。夜長の良いお供になると思います。

遠出はできないので、材料の買い出しが滞っています。ブルースカイのシリーズもこれで材料が終わりました。ちょっとさみしいな。

by ちこばあ

※ 8/12 追記:
ティーコージーとおそろいの夏の夜のブックカバーは Creema と iichi で販売中です。
https://www.creema.jp/item/10106120/detail
https://www.iichi.com/listing/item/1902696

ミニ盆栽に魅せられて

1か月前に買ったミニ盆栽に、ナナカマドとヤマドウダンを買い足しました。あの時一緒に欲しかったけど、育てられなかったらどうしようと迷ってしまい、やめておきました。が、やっぱり欲しいなあと思いました。

木は一鉢一鉢(当たり前だけど)姿が違うので、好みの枝ぶりの鉢が出るまで、じ~と眺めていました。
待ってみるものです。やっと手に入れました。凄く嬉しい!!

ヤマドウダン
ナナカマド
ヤマドウダンのおおらかで優しい姿、ナナカマドののびのびした枝ぶり、その向こうにゆったりとした時の流れを感じます。この子たちの静かな佇まいに、このところの心痛い出来事から少し離れ、ほんの一時でも慰められます。

ミニ盆栽ズ
ナナカマドもヤマドウダンも成長がゆっくりだそうで、今のこの姿を暫く保っている、とのこと。より長く付き合えるよう、私も気を引き締めて頑張らなくちゃね。

傍にいた娘が「え、この鉢たちを私が引き継ぐんだあ」なんて呟きました。「そだね~」と、私が返しました。
心強い娘がいてくれて良かったわ。

by ちこばあ

梅ジャム作り

梅干しを作った時、除けておいた傷梅と買い足した梅1kgを冷凍して取っておきました。これで梅ジャムを作りました。
砂糖はいつも三温糖を使います。梅が1.6kg程あったので、約1kg用意しました。出来上がりはどの位になるかわかりません。が、やってみましょう。

解凍しておいた梅を中火で実が溶けるまで煮ます。実が溶けたら種を取り除き、砂糖を600gほど入れて弱火で煮ます。砂糖が溶けたら好みの甘さになるよう砂糖を足していき、時々アクを取りながら煮詰めます。今回は砂糖を合計650g入れました。

硬さは、少しスプーンですくって水に落とし、すぐ溶け出さない程度で良いと思います。煮詰めすぎると冷めてからカチカチになっちゃいます。ジャムが熱いうちに、煮沸消毒した瓶に詰めて脱気しておくと、冬まで楽しめます。

ジャム瓶3個分出来ました。
今年の梅ジャム
今年は春の天候不順が災いして、梅が不作だったそうです。そんな貴重な梅の実、美味しくいただきましょう。

梅干しの様子は……赤紫蘇に染まっていい色、塩の角も少し取れたようです。梅雨明けが楽しみです。
赤紫蘇を入れて半月、紅く色づいた梅たち

by ちこばあ

年を取ったらシャツの色は派手めに

父の日から遅れること1週間、今夏のアロハシャツが出来上がりました。取り掛かりが遅いものだから、父の日には間に合いませんでした。
サーモンピンクのリネンのアロハ
今年は、リネンのサーモンピンクをチョイスしました。少しずつ老いていく家人に、明るい老後?をプレゼントかな。人混みの中でも探せるように、なんて気回しはまだ早いかしら。元気の出る色を着て、心身共に元気でいられますように。

先週漬けた梅の梅酢がしっかり上がったので、塩もみしてあく抜きをした赤紫蘇を加えました。
梅干しの下漬け完了赤シソは今年もしっかり濃い色赤シソの塩もみ 今年は水分多めかも紫蘇に白梅酢を注いで……紫蘇と梅酢を馴染ませます梅酢を漬け樽に戻します
(※スタッフ M 注:躍動感増し増しでお送りしております)
鮮やかに色づいた梅酢に浸かる梅たち
梅酢が鮮やかな赤に染まりました。家中、梅と紫蘇のいい香りが漂っています。梅雨明けまで、時々梅を揺すりながら漬け込んでおきましょう。

赤く染まった梅酢にはちみつを入れて、氷をたっぷり入れてソーダ水で割ってみました。綺麗な色です。小さい頃、夏バテしないようにと母が作ってくれたのを思い出します。
梅酢ソーダ

by ちこばあ

« Older posts

© 2020 工房ちこばあ

Theme by Anders NorenUp ↑