キルトジャパン春号のフランス語版が出ました

昨日、日本ヴォーグ社からキルトジャパン春号フランス語版の見本誌が届きました。中の記事はフランス語なので読めないけど、工房ちこばあのティーコーゼも載っていました。また見てもらえる機会が出来てすごく嬉しい!!
フランス語版 表紙
フランス語版 KoboChiko のページ

※スタッフ M 注記:出版社のページはこちらのようです。(フランス語)
https://www.edisaxe.com/magic-patch-quilts-japan-n-26-origami-textile

今年の春先に少し体調を崩してから何となく元気が出ない。これが老化ということかしら。益々手が遅くなった気がします。
何とかしなきゃと奮起して、先日、キッチンのガスコンロを新調しました。20年も使ってりゃグリルが使えなくなったりガタも来るわと、思い切ってリンナイの LiSSe に換えました。グリルが劇的に使いやすくなり、また焼き魚が食べられるし、台の掃除も拭くだけで綺麗になり、大満足です。

胡瓜の糠漬けが食べたくて、昨年ダメにした糠床を新しく作り直しました。塩気が少し馴染んできたので、浅漬けで食べ始めました。
ぬか漬け
ぬか床
暑い夏を乗り切れるようしっかり手入れをしなくちゃね。生きる力は食からです。

by ちこばあ

※ 6/24 追記:
キルトジャパン日本語版の話はこちらです。
「作品が手芸誌に掲載されました」
https://kobochiko.maxwell.jp/2019/03/post-249/

リネンのパンツ出来上がり

ブルーのリネンのパンツが出来上がりました。丈はくるぶしのちょっと上ぐらいです。裏地は涼感タイプのものを膝上丈で付けました。着心地は楽で、良かった。問題は(今更ですが)、似合うかな?です。
リネンのパンツ
ベストと合わせると、こんな感じになりました。
ブルーリネンのセット

先週、糸を買いに吉祥寺に行きました。行くといつも寄る手芸材料屋さんのコットンフィールドが無くなっていました。この日は場所を間違えたかと思うほど、無いということが意外でショックでした。後で調べたら、3月末で閉店したそうです。お店の物静かな雰囲気と、割と私の好みのビーズや布があったり、小さな部品1個でも対応してくれたので、大好きなお店でした。吉祥寺に行く楽しみが一つ無くなり、寂しくなりました。

緑の蓮の葉に乗る青蛙が可愛くて、思わず買ってしまった懐紙。今日のおやつは、キリマンジャロとオレオ。
今日のおやつとアマガエル
明日からまた、雨模様だそうです。

by ちこばあ

小さなパン屋さんとリネンのパンツ

今年の春頃、家人との散歩コースに、小さなパン屋さんが出来ました。朝、開店前から行列が出来ていたので、散歩帰りにでも買おうと思っていたら、売り切れ閉店、なんてことがずっと続いていました。
志茂さんのパン
最近やっと落ち着いてきて私も買うことが出来ました。店内は3~4人入ると一杯になりそうな広さだけど、20種類位(もっとあるかも)のパンが綺麗に並んで、焼き立てのパンの香りが美味しそう。
絶品食パンでサンドイッチ
この日は、食パンとリンゴとシナモンパン、クロワッサン、ベリーの入ったパンを買って、早速、昼食にレタスとハムを挟んで食べました。もちもちっとしてるんだけど軽い食感と小麦の香りが美味しくておかずはいらない感じ。ご近所に美味しいパン屋さんが出来て嬉しい!!

パン屋 志茂さんの Instagram はこちらです。
https://www.instagram.com/panya_shimo/
地図はこちら

さてこちらはリネンのパンツ。ベストを仕上げたところで縫い糸が終わってしまって慌てて買いに行きました。前ズボンにポケット布をつけて前と後ろ、それぞれの股上を縫いました。
リネンのパンツ 途中経過
あとは、脇と股下を縫い合わせ、縫い代の始末をして、ウエストにベルト布をつけ、ベルト芯を通して出来上がり。内側は滑りのいいように裏地を付けようと思います。ウエストの後ろ部分はゴムベルトにして脱ぎ着が楽に出来るようにします。さあ、もう少しで出来上がりです。

by ちこばあ

急に暑くなるものだから衣替えが間に合わない

ここ数年、5月になると急に暑くなるような気がします。今年もまた衣替えが遅れて、大慌てで夏物を引っ張り出しました。梅雨になる前に家中の床のワックス掛けも済まそうと、家人が散歩に出かけている時間に床に這いつくばって頑張り、何とか終わりました。筋肉痛ともう暫くは動きたくない気持ちでダラッとしています。

知人から村田エミコさんの木版画展の案内を頂いたので、久し振りに国立に行きました。相変わらず可愛らしい作品で、モノトーンの版画のほのぼのとした雰囲気に、あったかい気持ちになって帰ってきました。
村田エミコさんの木版画展の案内と、いのうえまことさんのポストカードたち
右の 3枚はエミコさんのパートナー、いのうえまことさんのポストカードです。

村田エミコさんのウェブサイト
https://emihanga.jimdofree.com/

国立駅の南口に、シンボルの三角屋根の駅舎の工事が着々と進んでいました。来年の出来上がりが楽しみです。

リネンのベスト
夏のパンツを作ろうと思い、先月、日暮里でブルーのリネンを買って来ました。先ず、ベストを縫いました。胸元にウッドビーズで飾りを作りました。洗濯する時には取り外せるようひと工夫。
羽織紐あるいはカーディガンクリップのような飾りは、取り外し可能

次は、ちょっと短めのパンツを作ろうと思います。出来上がったらすぐ着たいから、頑張るぞ!

by ちこばあ

母の日の御馳走は、山の幸

今年も初夏の山の幸、姫竹の子が青果コーナーに並びました。姫竹のたけのこ御飯は我が家の大好物です。
姫竹
薄く切った竹の子を油で炒め、同じように薄く切った椎茸、油揚げ、細く切ったコンニャクと合わせて
具材投入
調味料投入
仕上がり
醤油とほんの少しのお酒で汁気が無くなるまで煮しめて、炊き立てのご飯に混ぜるだけ。
コツは醤油をちょっと濃いめにすること。竹の子の甘さが引き立ちます。

竹の子の皮を剥いていた夫が、この小さな皮一枚一枚に幸せを感じるなあ、なんて呟きました。
おやまあ、良かったこと、なんだか母親になった気分です。
そんなわけで、夕飯は美味しくいただきました。
たけのこご飯のある食卓

by ちこばあ

« Older posts

© 2019 工房ちこばあ

Theme by Anders NorenUp ↑