Page 2 of 46

オレンジ、ブルー、ピンクの横長ポーチ

底マチ4cmのどっしりとした横長ポーチです。口元はパックリとしっかり開くので、入れたものの出し入れは凄く楽です。ペンケース、化粧品、アクセサリー、さて、何を入れましょう。
横長ポーチ ~魔女の溜め息~ オレンジとブルー
横長ポーチ ~ぷちぷち金平糖~ ピンク

先週初めに、浅草橋と日暮里に今年最後の材料の買い出しに行ってきました。生地を見ているうちに、チェックのウール地が気になって、ついつい買ってしまいました。さあ早めに形にしなければ。今冬の私の課題です。
ウールのチェック生地

実は、時々利用していた国立の手芸材料屋さんが、11月末で閉店してしまいました。閉店セールをやっていたので覗いてみたら、赤いモヘアの毛糸が可愛くて、思わず5色ほどの色違いを合わせて24玉買い込んでしまいました。
モヘアの毛糸玉たち
こちらも頑張って形にしなければ。なんて、寒い冬を家の中で過ごす口実を見付けてしまいました。

by ちこばあ

※ 12/23 追記:
新作の横長ポーチは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1315228
https://www.creema.jp/item/5041298/detail

困ったときの我が家特製チャーハン

2週間前、ガス給湯器の警告ランプが点いてしまい、ガス屋さんに見てもらいました。部品交換で済むとのことでした。交換部品が届くまで1週間近くかかるとのことだったけれど、5日目にお湯が全く使えなくなりました。
食器の洗い物が、水だけではどうにも生水の臭いが気になって始末が悪い。でも拭いた後に天日干しをすればまだ大丈夫。一番困ったのはお風呂です。我が家の近所にはあいにく銭湯もなく、この季節、洗髪を水で済ますことは無理。部品が届くまでじっと我慢でした。6日目に部品を交換してもらって、やっとお風呂に入れました。お湯が使えるということが、こんなに贅沢で幸せなことだと、思いっきり実感した1週間でした。

我が家特製チャーハン
昼ご飯は、洗い物も少なく冷蔵庫の整理にも優しい、我が家特製“なんちゃって炒飯”です。冷蔵庫にあった、卵、シラス、干しアミ、搾菜、メンマ、椎茸、かぶの葉、ネギの刻み、ほんの少しのご飯が大層な量になりました。胡麻油と醤油の香りが食い気を誘います。自家製の刻み生姜をのせていただきました。

プレーンマフィン
この間図書館で、バターを使わないで作るマフィンの本を見つけました。今日早速作ってみました。まずはプレーンから。シンプルだけど、しっとりと優しい甘さに出来上がりました。心地良くお腹に収まりました。

by ちこばあ

ポットマット○△□とそらまめの鍋つかみ

久し振りに○△□のポットマットを作りました。12月を意識して、朧気で優し気な月と紺碧の夜空の流れ星、そして雪の日のクリスマスツリーの3枚です。裏にサンタのプリントを合わせました。冬の寒さと温かい家、温かいミルクティーなんていかがかしら。忙しい年の瀬を、時には楽しみたいですね。
まる・さんかく・しかくのポットマットのセット

ビタミンカラーの鍋つかみ2017
黄色と緑のスッキリとした色合いが気に入っていた布も、もうこれで手持ちの在庫が終わりです。最後までしっかり形にしようと思い、大好きなそらまめの鍋つかみに仕立てました。レンガ色やブルーなどのはっきりとした色目の柄と合わせて、着物を纏ったような和の雰囲気の鍋つかみが出来上がりました。

アクセサリーケースも作りました。
アクセサリーケース

大切な布たちを手作りで生き生きとしたものに仕上げる。本当に楽しいものです。

by ちこばあ

※ 11/14 追記:
12月の○△□のポットマットは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1286828
https://www.creema.jp/item/4867359/detail

ティーコーゼとお揃いのブックカバー2種

濃紺色のティーコーゼとお揃いのブックカバーを作りました。文庫判と四六判の2種類です。
ブックカバー2種類 ~長い夜~
それぞれのカバーの大きさに合わせて、パッチワークの形、大きさを変えてみました。山吹色の布の分量を多めにしたので、ティーコーゼより少し華やかな雰囲気になりました。内布は、読書の邪魔にならぬように生成り色を使って、落ち着いた色目のカバーに仕上げました。大切な本をしっかり保護したいと張り切っています。

秋雨の合間に、府中の森美術館で開かれている“フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展”に行ってきました。
フィンランド・デザイン展 半券と図録
独立してまだ100年という若い国だそうです。北欧デザインといわれる家具、調度品、食器、テキスタイル等々、厳しい自然の中から生まれた物たちが、約700点近く展示されていて、その形や色使いに魅了されました。また、ムーミンの生まれた国でもあります。森と湖、白夜と極夜の国、フィンランド、生き生きとした生命力に感動しました。

ボール・チェアにゆったり座る
美術館の入り口にボールチェアが置かれていたので、思わず座ってしまいました。すっぽりと入り込んで、周りの音が程よく遮断されて、このまま暫し眠りたい心境になりました。

東京での展覧会は22日までですが、28日から12月24日まで宮城県美術館で開催されます。お近くの方は、是非、見に行ってみて!!すごくお薦めです。

by ちこばあ

※ 10/20 追記:
ティーコーゼとお揃いのブックカバーは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1269602
https://www.creema.jp/item/4758258/detail

ティーコーゼ 今秋の新作出来ました

昨日、浅草で開かれたシングルオリジンティー・フェスティバルに行って来ました。昼前に入りましたが、もう既にどのお店も人が沢山いました。皆さん試飲に余念がありません。私も、普段口にすることが出来ないお茶をいただいたり、気が付けば4時間位お茶にどっぷり浸かっていました。インド、スリランカの普段手に入らない紅茶と国産のお茶を買って、やっと帰る気になりました。後の紅茶はいつもの紅茶屋さんにお任せしましょう。
茶葉たちと変わり種チョコレート

さて、先週より作り始めた濃紺色のティーコーゼが出来上がりました。マット、コースターのセットです。
ティータイムのためのセット ~長い夜~
どこまでも澄み切った秋の夜空、柔らかな光で輝く月、思わず見惚れてしまう……そんなワンシーンを表現したいと思い、moda の淡いグレーに柔らかな黄色の小花柄と、ケイフ・ファセット氏のランダムなドット模様の紫系と山吹色を合わせてみました。しっとりと落ち着いた雰囲気に仕上がりました。

夏の喧騒から解放され、穏やかな秋の一日を一服のお茶でゆったりと過ごす……ホッと一息つけるお茶のひと時のお供になれたらいいな、と思っています。

by ちこばあ

※ 追記1:
工房ちこばあの鍋つかみが、Creema の特集ページに掲載されました。
6日から約1週間、特集名「旬を美味しく 鍋とお茶碗」( https://www.creema.jp/feature/306 )でご覧いただけます。

※ 10/9 追記2:
ハロウィンにもぴったりなティーコージーは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1262063
https://www.creema.jp/item/4701773/detail

« Older posts Newer posts »

© 2018 工房ちこばあ

Theme by Anders NorenUp ↑