カテゴリー: 雑記 (2ページ目 (44ページ中))

スマホポーチもお揃いで、こんな感じ。

早速作り始めたポシェット、夢中で作っていて写真を撮るのを忘れ、もう出来上がります。
お揃いのスマホポーチも作り始めました。

パッチワーク部分が仕上がりました。
組み合わせイメージ その1
組み合わせイメージ その2
組み合わせイメージ その3
大体こんな感じ。これで仕上げてみたいと思います。

by ちこばあ

こんなのはどうかしら

ポシェットの材料が揃ったので、布合わせをしてみました。
茶系には、
布地の組み合わせその1
布地の組み合わせその2
布地の組み合わせその3
紺系には
布地の組み合わせその4
布地の組み合わせその5
こんな感じはどうかしら。仕上げてみないとわからないのでまずは作ってみます。

木瓜の花
庭の木瓜の花が咲きました。今年はなぜかちょっと遅咲きです。枯れ色で殺風景だった庭に綺麗な色が増えて少しづつ春を実感です。でも、ここ数日の強い風であっという間に花びらが落ちてしまいました。残念!
スミレたち
バラの木の足元にはすみれの花が一斉に開きました。紫色の花が綺麗です。
初々しい苔たち
初々しい苔たち
私の花粉症もいくらか軽くなったような気がします。

by ちこばあ

一年振りに布地を買いに行きました

新型コロナ禍以降、材料の買い物はほとんどネット注文で済ませていました。でも、布地の色目が各サイトですごく違いがあって、どれが正しいのかよく判りません。やっぱりお店で見ようと、先週一年振りに日暮里方面に出掛けました。日暮里も浅草橋も店内は空いていたので、いつもよりゆっくりと見ることが出来ました。欲しかった布の色も確かめられて、気になったのを数点買って来ました。
茶系と紺系の和風縞模様
茶系と紺系の和風縞模様の布地
ケイフファセットの新柄ほか
ケイフファセットの新柄ほか の布地
これでサコッシュを作りたいと思います。

電車の空いている時間帯の移動だったけれど、久し振りに布地を沢山見ることが出来たし、色の確認が出来て良かったです。これでまた暫くは制作に没頭です。

by ちこばあ

今年も順調にやってきた

河津桜の開花と共に、今年も私に花粉症がやってきました。ここ数年、人相が変わるほど酷くはならなかったので、薬に頼らずに鼻うがいとか外出の時間を減らす、帰ってきたらすぐ顔を洗う位のやり過ごし方でいました。けど、今回は症状の出方が余りにも急だったし新型コロナウィルスのこともあるので、お医者さんに薬を処方してもらいました。さすが抗アレルギー薬、若干の眠気と鼻の奥のドライ感があるものの大分楽になりました。

お稲荷さんの山
今日はお節句雛祭り。今朝は昨日からの強い風で、朝から鼻水が止まりません。薬は飲んでいるのにちょっと辛いかもです。外に出るのは控えて、朝の片付けをしながらお昼のいなり寿司を作りました。すし飯の中にゆずの皮と紅しょうがの刻みを混ぜて、甘めに煮た油揚げに詰めて出来上がり。ほのかに香るゆずが美味しそうです。
散歩から帰った家人が大喜びでぱくつきました。ゆずの香には気付かずにです。でも、娘は気付いてくれました。嬉しいですねえ。

冬のミニ盆栽たち
無事に年越しをした盆栽たちは、枝の先に小さな芽を付けました。色々あって昨秋に盆栽の鉢を数個替えたので、寒さを乗り越えられるかちょっと心配をしました。ヤマドウダンの赤い芽が”頑張ったよ”なんて言っているようです。暖かくなるまでもう一息だから、頑張ろうね。

by ちこばあ

春の柔らかな風を感じるブックカバー

柔らかな春の風に誘われて咲き始めた花たちの軽やかな情景を、ブックカバーにはめ込んでみました。サイズは新書判と四六判です。
サイズ違いのブックカバー

時折思い出したように吹く冷たい風、季節の変わり目は優しかったり厳しかったり、それでも春はそこまで来ています。新書判2種。
新書判のブックカバー 2種類

川沿いの遊歩道に、柔らかな日差しに誘われて小さな花が顔を出し始めました。優しい風に手を広げてひとつ大きく深呼吸します。
新書判のブックカバー

もうすぐ3月、このところの暖かさで家の周りの梅林が一気に白い花を咲かせています。花びらの中を通る柔らかな日差しに春を感じて、丸くなった背中がすっと伸びました。何だか体が軽くなる様な気がします。皆で落ち着きを取り戻せる日が少しでも早く来るといいなと思っています。

by ちこばあ

※ 3/12 追記:
Creema と iichi で販売中です。
https://www.creema.jp/item/11420463/detail
https://www.iichi.com/listing/item/2026942detail

« Older posts Newer posts »