ギフトラッピング始めます

工房ちこばあの作品をご購入くださる方からギフトラッピングのご希望をいただくことが増えてきたので、考えてみました。あまり堅苦しくならず、優しい感じになるよう、オレンジと淡い黄色の不織布を合わせて全体を明るい色調でまとめました。
ギフトラッピング バリエーション
ギフトラッピング リボン部分
それぞれの作品の形、大きさなどを考慮して、縦長・横長、底マチあり・なし、ティーコーゼも入れられる大きめのものなど、作品のサイズに合ったものに仕上げます。リボンはピンク系、ブルー系からお好みで選んでいただけます。
ギフトラッピング リボンとシール
プレゼントなどに使っていただけたら嬉しいです。

オンライン販売サイトの iichi では今年もクリスマスキャンペーンが始まるようです。 5日(月)から、クーポンコードの入力で「10%割引券」が使えるそうなので、お買い物の予定のある方は要チェックですね。

by ちこばあ

グリーンのメガネケース 黄昏の街

夕日に映える穏やかな街の風景と、散歩道の脇に流れる小さな川のせせらぎの風景をイメージして、それぞれ色を合わせてみました。何気ない日常の何気ない時の流れを感じられたら良いなと思っています。
グリーンのメガネケース

昨日は東京で今年初めての雪降りでした。東京での11月の初雪は54年ぶりだそうです。観測史上初だという積雪は、5センチはあったかな。寒かった!
庭先に積もった雪

秋の陽は短くて何だかせわしなく、年々、時の経つのが速いように感じます。街中が冬の装いになり、師走に向かって走り始めました。私はちょっぴり置いてきぼりを感じながら、慌て気味で冬支度に取り掛かりです。先ずは、沢庵大根の漬け込みからです。先日来、柿とミカンとリンゴの皮を干し貯めておきました。今年は運よく庄内の干し大根が手に入ったので、張り切っています。沢庵の仕込みの後は、正月の松飾りだな、なんて、呑気なことを考えています。何よりも、今年一年大した病気もせず健康でいられたことに感謝をしながら、無事、年越しが出来るように頑張りましょう。
大根干し

by ちこばあ

国分寺の日立製作所の庭園公開に行ってきました

広場
秋の庭園公開に行きました。朝から穏やかな日になり、沢山の人で賑やかでした。普段は入れないので、春と秋の公開日には茶店も出たりして、ちょっとしたお祭り気分です。今年は木々がやっと紅葉し始めたばかりで、足元の落ち葉もまだまだ綺麗な色ではなかったけれど、コンパクトながら、武蔵野丘陵の自然を満喫出来る良い庭です。

ここには野川の源流があり、これがやがて都内の等々力渓谷にもつながることを考えると、とても興味をそそられます。等々力渓谷にも行ってみたくなります。庭園の大池の白鳥は、周りの喧騒にもめげずゆったりと泳いでいました。1羽で孤軍奮闘、長生きしてほしいものです。また来春会いましょう。春の公開は来年の4月2日だそうです。
池

by ちこばあ

八王子アートムーチョ 寒い中来てくださってありがとう

展示の様子
朝から時折突風が吹いて、寒い一日でした。それでも、寒い中じっくりと見てくださったり、話をしてくださったり、本当に有難うございました。風邪を引かなかったかなと、ちょっと心配です。出展回数を重ねるごとに声掛けをしてくださる方が増えて、嬉しいです。また来年、チャンスがあったら出展したいと思っています。その時も足を止めてもらえるように、頑張りましょう。

by ちこばあ

錦秋の文庫カバー

11月に入り、いよいよ暖房の恋しい季節です。近頃ちょっぴり寒さが身に染みるように感じます。我が家はもう炬燵を使い始めました。足元が温かいとホッとするけど、根が生えないように気を付けなくてはいけませんね。

今日は文化の日、天気予報より穏やかになった一日、読書と気取って見ましょうか。紅葉も南下中で、ここ関東地方の里山も少しずつ色付いてきました。黄色い葉、赤い実をつけた細い枝、風に揺れる小さな野の花、そんな秋のほんのひと時の風景を文庫カバーにしてみました。
文庫判のブックカバー

6日は八王子アート・ムーチョに出展します。ちょっぴり厚着をしてお邪魔します。また色々な出会いがありますように。

by ちこばあ

※ 11/28 追記:
錦秋の文庫カバーは iichi と Creema で販売中です。
https://www.iichi.com/listing/item/1028989
https://www.creema.jp/item/3129444/detail

« Older posts

© 2016 工房ちこばあ

Theme by Anders NorenUp ↑